平成23年度物質理工学専攻修士論文試問会(更新201221日)

主なスケジュール

21()

11:00

論文題目の締切

26()

11:00

要旨(A42枚)の締切

213()

 

修士論文を指導教員に提出

214()

9:00-

修士論文試問会(第1日)

215()

8:45-

修士論文試問会(第2日)

場所:総合研究棟(C-cube1階 筑紫ホール
博士課程に進学しない者:発表10分、試問5分、計15
博士課程進学志望者:  発表14分、試問6分、計20

発表にはプロジェクターを用います。コンピュータは各自用意すること。
論文題目リスト書式 (MS-Word)
要旨見本 (PDF)
要旨テンプレート (MS-Word)
プログラム

===題目の提出について===
上の論文題目リストに記入し、指導教員の確認を取った上で、

研究室ごとに古屋まで提出(電子メールで送付)してください。

===要旨の提出について===
上の要旨見本の注意に従い、要旨テンプレートを利用して作成してください。
要旨は研究室ごとにまとめて古屋まで提出してください(直接提出または学内便)。
要旨はPDFファイルとCamera-ready(片面印刷したもの)の二つを提出してください。
PDFのファイル名は発表番号-名前(アルファベット).pdfとして提出してください。
(例:発表番号が3番、氏名が物質太郎なら、03-TBusshitsu.pdf
要旨は白黒で製本しますので、カラーで表や図を作成する場合には色の濃淡に注意してください。

===発表について===
発表会場にはプロジェクタが備え付けられています。
各自パソコンを準備して、発表に使用して下さい。

次の順番の人はすぐに発表を開始できるようにパソコンを立ち上げて準備してください。
発表終了後は、次の人がすぐに発表を開始できるように手伝ってあげてください。
ポインターは会場に準備しておきます。

===会場係について===
発表のグループごとにタイムキーパーをしてもらいます。
発表が終わったグループは次のグループの発表のあいだ、タイムキーパーをしてください。
なお、最後のグループは1日目の最初のグループのときのタイムキーパーを担当してください。

質問者へのマイク係も担当してください。

===PowerPointファイルと発表に使用するパソコンについて===
PowerPoint
のバージョンや、インストールされているフォントによって
表示に不都合が生じる場合がありますので確認しておいてください。
特殊な機能のアプリケーションを使う場合は、対応しているパソコンを使ってください。
パソコンの画面をプロジェクタへ出力させる設定方法など、使い方を確認しておいてください。

問い合わせは副学務委員:古屋まで(内線7554