九州大学大学院総合理工学府 物質理工学専攻


HOMESITEMAP

構造有機化学

研究室のホームページへ
教授 友岡 克彦  准教授 伊藤 正人  助教 井川 和宣

新しい分子機能を創出するためには、分子キラリティーを深慮した精密分子設計と、それに対応しうる不斉合成法、分子変換法の開発が重要となる。これに対して当研究室では、多様なキラル分子の三次元的分子設計、不斉合成法の開発、立体化学挙動の解明と応用、さらに新しい分子変換法について系統的な研究を行っている。


○ 天然型キラル分子(炭素中心性不斉を有するキラル分子)の化学:

  • ・不斉カルボアニオン反応の開発と生理活性物質合成への展開

○ 非天然型キラル分子の化学:

  • ・キラルケイ素化合物の不斉合成法開拓と新機能分子創出への展開
  • ・面不斉を有するヘテロ中員環化合物の創出と立体化学挙動の基礎・応用研究

○新しい分子変換法:

  • ・付加型オゾン酸化反応の開発と応用
このページのTOPへ