九州大学大学院総合理工学府 物質理工学専攻


HOMESITEMAP

分子科学

研究室のホームページへ
教授 古屋 謙治

高真空中におけるイオンやラジカルと分子との素反応過程は、宇宙空間における物質創成やプラズマ中での反応を理解するうえで本質的な役割を演じている。一方、計算化学とコンピュータの飛躍的な発展により、分子の性質や化学反応過程を高精度で予測することが可能となってきた。当研究室では分子成長をキーワードとして、実験と計算の両面からイオンやラジカルが関わる素反応過程の徹底理解に取り組んでいる。


○ 素反応研究に適した質量分析法や分光法の開発

○ 反応性プラズマ中での分子成長に関する研究

○ 量子化学計算と実験結果との詳細な比較と検討

このページのTOPへ