九州大学大学院総合理工学府 物質理工学専攻


HOMESITEMAP

機能材料物性学

研究室のホームページへ
教授 島ノ江 憲剛  准教授 渡邉 賢  准教授 西堀 麻衣子
機能材料物性学

機能材料を用いた各種デバイス (素子) は、新しい科学技術構築の鍵を握るものとして、今後益々発展が期待されている。機能材料物性はバルクのみならず表面・界面の構造や組織などに依存し、デバイス構築のためにはそれら諸因子の制御・最適化が最も重要である。本分野では、以下に示す新しい化学的機能デバイスの創製を目指し、材料の設計・合成から構造物性等の解析、デバイス構築と特性評価にいたる広い範囲で研究を展開している。

○酸化物半導体、固体電解質を用いた新規ガスセンサの設計

○酸化物ナノ粒子の新規湿式調製法の検討

○次世代高性能ガス拡散酸素還元電極の開発

○ペロブスカイト型酸化物を用いた高性能酸素分離膜の設計

○有機無機ハイブリッド材料を用いた光電気化学

このページのTOPへ